yamayuriyama.cocolog-nifty.com > 元気里山竹活班

暮しの遊びに無くてはならない竹の活用

こども水場/2連水車

こども水場/2連水車

ペットボトル車と空き缶車を同軸に差込み、ほぼ全て竹の枠に組立て。上の竹ヘッダーから左右振り分けて水を吹き出し、二つが逆に回転するのでうるいど自然公園でも目を引く存在。


こども水場/3連水車

こども水場/3連水車

水路の上に組んだ竹の架構にペットボトル水車3台。水は橋の欄干に置いた竹のタンクから竹筒を通って落ちる。子どもは労を厭わないので何度でも水路から水を汲んではタンクに注ぎ込んで遊ぶ。


こども水場/4連水車

こども水場/4連水車

竹以外の素材は羽根車のペットボトル。水路の上と橋に架けた竹の架構、竹の枠に組まれた水車4台、竹の樋の穴から水が落ちると全部が回り出す仕掛け。


こども水場/いかだ

こども水場/いかだ

太く肉薄の竹21本を4mに切り揃え6尺の垂木に針金で縛り付けると十分な浮力が得られる。池に張ったロープを手繰って池の両岸を行き来する冒険遊びが大人気


こども水場/ししおどし

こども水場/ししおどし

こども水場第1号作品。架台、筒、樋すべて竹。水路を流れる湧水を竹樋に集めて注ぎ込み置き石に当てて鳴らす。


こども水場/どう

こども水場/どう

竹ひごで根気を込めて作ったドウ、これで魚取り


こども水場/ザリガニホテル

こども水場/ザリガニホテル

カプセルホテル?に棲み付いた頃を見計らい、周辺に罠を仕掛けて捕獲する作戦。塩ビ管・空き缶も巣にする習性を利用し朽ち掛けた古竹を重りの鉄管に縛り付け水底に置く。また自分の体格に合った巣を選ぶので色んなサイズの竹を織り交ぜる。


こども水場/ザリガニ捕り器

こども水場/ザリガニ捕り器

竹はザリガニ捕り器に打って付けの素材。絶対出られない針金ゲートを仕込んであるので水中で正立させるため鉄板の重り付き(次頁図解参照)。


こども水場/ザリガニ捕り器(図解)

こども水場/ザリガニ捕り器(図解)

餌付き巣穴に見える?のか良く掛り、魚が入っても逃げられるので誤穫が無く小型生物にやさしく浅水でも使えると評判の逸品?


こども水場/ヘドロ除け

こども水場/ヘドロ除け

沈降物が浮上したヘドロが風向きで吹き寄せられ非常に汚らしい。こども水場への流入を防止するため7mの竹をオイルフェンス状に設置。


こども水場/ボサ漁体験場

こども水場/ボサ漁体験場

竹の枝葉等茂みの下に集る魚の習性を利用したボサ漁場を池の中に開設、網やドウを使って魚取り体験をする場として人気を博す。


こども水場/メダカ池修景物

こども水場/メダカ池修景物

標柱「メダカの学校」の丸太に半割竹の脚を付け水底に刺し込み立てて、周囲を8本の竹の杭が囲み修景効果を演出


こども水場/三つ手網

こども水場/三つ手網

U字形の押し網を割竹で竹竿の先に三点吊りした四つ手網ならぬ三つ手網。


こども水場/半割竹飛び石

こども水場/半割竹飛び石

浅瀬に遡上する魚の隠棲場所、それを追い回す子どもの足場として飛び石代わりに配置。流れを阻害しない空洞で且つ位置替え容易、乗っても割れない厚肉部使用。


こども水場/噴水

こども水場/噴水

3.5mの竹から全部の節を抜いて竹の管とし先の方に噴出孔を直列に開け並べ、先端に掃除用木栓。落差50㎝程だがけっこう噴き上がって人気。


こども水場/安全柵

こども水場/安全柵

水車とシシオドシで遊ぶ子どもが池に落ちないよう竹の支柱を水中に打込み上部横桟の穴に差込む無縛法で固定。


こども水場/散水管

こども水場/散水管

竹筒に10㎝間隔3㎜の穴。水圧を得るためペットボトルのタンクを50㎝上に置き竹筒で連結


こども水場/日除け

こども水場/日除け

丸竹と割竹だけで小屋の骨組を作り屋根は遮光ネット張り。自立し風や外力にに耐えるよう筋交いを多く入れている。子どもを見守る保護者に大好評。


こども水場/水上水車

こども水場/水上水車

竹の筏で池に浮く風車と間違われるがペットボトルの水車。水底を這わせたホースで給水して回す奇抜さに子ども集め効果大。


こども水場/水槽蓋

こども水場/水槽蓋

割竹をすだれ状に編み、糸を穴に通すことで中抜けしないようにしている。板状の蓋と違い小さく畳まるので便利。


こども水場/水汲み水車

こども水場/水汲み水車

極太の竹を中空軸に使って半割のペットボトル4個取付け。汲み上げた水は竹筒から流れ出て下流の水車を回す仕掛けで、子どもが手を出して遊ぶもの。


こども水場/水流し口

こども水場/水流し口

竹筒に明けた6個所の口に水を流すと裏側の樋を伝って8台の水車が回る。


こども水場/水流し樋

こども水場/水流し樋

ペットボトル水車に水を流す樋3本を橋の欄干に取付け。橋のペットボトルのタンクに水を注いで遊ぶ。これだけで子どもは夢中で遊ぶ。


こども水場/浮き桟橋

こども水場/浮き桟橋

水中生物の観察や魚取り遊びに大人気。竹20本を垂木に縛り付け4m×1.6mに構成。岸に係留しているが外せば筏に変身。


こども水場/浮き魚礁

こども水場/浮き魚礁

竹をウキにして下に底無しカゴが付いた人口魚礁、中に緑藻を浮かべコイや小魚を呼び集める。右手泳いでいるのは早速現われた白いコイ


こども水場/竹の階段

こども水場/竹の階段

1.2m長さの厚肉孟宗竹を踏み段に使い、止め杭は竹の中心に明けた穴に打込んでいるため突起が無く見た目スッキリ。


こども水場/竹帆舟

こども水場/竹帆舟

竹の上半を切り開き底部に石のウエイト。帆は食品トレイを竹の切り溝に挟み込み爪楊枝で固定。


こども水場/竹水車

こども水場/竹水車

シシオドシと並べた竹の修景物。長さ40㎝の中心部を半割にして抱き合わせ十字形、両端も半割にして水を受ける羽根とす。スタート時に羽根に水が溜るよう筒内に発泡スチロール詰め。


こども水場/竹管水車群

こども水場/竹管水車群

竹樋を流れ下る水、竹管から出る噴水、これらの水力で回る水車も支持部は竹


こども水場/筧(かけい)

こども水場/筧(かけい)

シシオドシへの給水に筧を使用。穴を貫通させた12㎜のシノダケ、竹噴水から分岐し木の接手で直角に横引き。接手は角材にドリルで直交穴を明け製作。


こども水場/縁台(ベンチ)

こども水場/縁台(ベンチ)

こども水場で遊ぶ間の荷物置きあるいは保護者の見守り用。斜面にあるため脚は逆L形、半割竹を並べコーススレッド止め。ネジ穴に皿座グリをして皿ネジ頭を座面より沈めているが、竹が乾燥すると出てくるので増し締め。
半割竹は割れないため丸竹より超?寿命、且つ収まり良く締結容易。


こども水場/翡翠の止り木

こども水場/翡翠の止り木

池の底に砕石が敷き詰められているため木杭が刺さらない。鉄杭を打ち込みそれに竹を差込み。池に10本程射してカワセミの餌取りを援助。


こども水場/足ストッパー

こども水場/足ストッパー

メダカの学校の水際が軟弱なため近寄り過ぎると崩れ落ちる恐れあり。そこで近寄り防止に竹のストッパーを池の周囲に設置。固定方法は竹の杭を打ち込んで被覆番線で固縛。


こども水場/魚水槽に竹樋

こども水場/魚水槽に竹樋

クチボソ・エビ等小魚を網ですくう体験をする魚水槽に水路から取水した水を流す樋。水汲み場に流す主樋の途中に穴を明け、下に枝樋をY形に配置し水槽に分流している。


こども水場/魚水槽の蓋

こども水場/魚水槽の蓋

子供に人気の魚すくい場に竹で蓋した水槽群、手前は魚水槽、右上は砂を除去する沈砂槽。割竹を木桟に並べネジ止めして簀子状に。また取っ手、水切り棚も竹。
蓋の役割は野鳥食害防止でこれが無いと魚は1日で全滅する。


イベント/募金箱

イベント/募金箱

孟宗竹の節が詰まった根元の方、直径15㎝。目を引くのでイベント会場に置いて参加者から会費や募金を受け付けるのにいい。貯金箱にもなるが口が大きいので割らずに取り出せてしまう。


イベント/流しそうめん竹樋

イベント/流しそうめん竹樋

長さ5m太さ10㌢程度の竹を使用。先の方から両刃のナタを入れ開いたらナタから木の板に取替えて叩き割っていく。節膜はハンマーで叩き取った後ディスクグラインダーかサンダーを使い他の鋭利な部分も併せて平滑に削る。


イベント/焼き芋火吹き竹

イベント/焼き芋火吹き竹

焼き芋大会で子供の火起し体験用具として製作、途中の節を抜いて先端の穴は6㎜が適。長さは安全のため60㎝と長め。吹けば吹くほど火が燃えることを体験。


イベント/焼き芋鋏

イベント/焼き芋鋏

焼き芋大会で熱い釜の中で芋を裏返したり取り出すため、割り竹を焼いてU字形に曲げ先端に」ギザギザを刻み長さ40㌢のトングを製作。


イベント/竹ボウリング

イベント/竹ボウリング

直径7,8㌢を長さ30㌢に切って6本3列に並べ、5mからサッカーボールを投げても蹴ってもOK。サッカー少年が闘志を燃やし盛り上がる。


イベント/西瓜割り棒

イベント/西瓜割り棒

太過ぎるとスイカを粉砕してしまうし小さい子は振り回せないので3㌢位が適当。棒で探るのは禁止して距離は年齢比例。周囲から「前後左右」の声援に空振りして爆笑。


ガーデニング/グリーンカーテン

ガーデニング/グリーンカーテン

5㎝位の竹3本を6尺間隔に立て掛け庇に締結、割り竹3本を横桟にしてネットを張り。竹で縁取りした花壇に西洋朝顔。猛烈に繁茂し風圧を受けるので単なる朝顔の支柱などと軽視せず締結はしっかりと。


ガーデニング/トーテム花ポール

ガーデニング/トーテム花ポール

透かし彫り風に親子3人の顔を彫り込み(切込み)下部開口部に花苗。顔彫りには鋸、ドリル、ジグソーで荒切りの後鑢で研磨。花の最盛期には下の竹が完全に隠れ「菊人形」状態に


ガーデニング/ドリンクホルダー

ガーデニング/ドリンクホルダー

竹のベンチは座面が波打ち飲み物が置けない不便を解消。正面の穴からドライバーを入れて木ネジで固定、底に雨水抜きの穴。


ガーデニング/フラワースタンド

ガーデニング/フラワースタンド

45度の角度で壁に寄り掛け置く。90°のⅤ字切りが難しく荒れた切り口をヤスリで懸命に研磨、しかし花が育てば粗も隠れてしまう。「それよりV字カットをもっと浅くして土の量を増やせばよかった」が反省。


ガーデニング/三脚ポット

ガーデニング/三脚ポット

竹3本束ねたように見えるが中はワンルーム。接円部を半月に割り合せ見えない所に穴明け針金を通して内側で縛って一体化、上から見ると三ツ輪のマーク様。隙間ができても土が塞いでくれる。


ガーデニング/三連ポット

ガーデニング/三連ポット

単独でバラバラ置くより一体化した方が様になる、と割竹で連結。


ガーデニング/壁掛けポット

ガーデニング/壁掛けポット

ログハウスの突出し壁に抱き付くタイプのブラケットとポットが分れた2ピース型と一体型の2種、ハンギングも勢揃い


ガーデニング/壁掛け縦ポット

ガーデニング/壁掛け縦ポット

独自のブラケットにポットを置き落下防止の針金で締結


ガーデニング/庭ベンチ

ガーデニング/庭ベンチ

竹と廃材を使った費用ゼロの工作品。丸竹と木枠の接続に工夫→竹筒内に木片を入れ木枠側からネジ止めして挟み込む


ガーデニング/手摺ポット

ガーデニング/手摺ポット

ログハウスのベランダ手摺に引っ掛けるフラワーポット。手摺の天端に張ってある笠木を囲い込む切込みに苦心。


ガーデニング/抱き付きプランター

ガーデニング/抱き付きプランター

ログハウスの突出し壁を抱っこちゃんのように挟み込み両側に花ポットを捧げ持った構造。壁の溝に落下防止キーで固定。下の2個は片側のみの壁掛けポット。


ガーデニング/横長プランター

ガーデニング/横長プランター

外径16㎝あるが内径は何と12㎝。内容積を最大にするため開口幅をポット苗がぎりぎり入る9㎝に抑え深さを確保。


ガーデニング/花ポット

ガーデニング/花ポット

左は立型で節間を切り取った中にポット苗。右は横置き型で中にポット苗。


ガーデニング/花壇枠

ガーデニング/花壇枠

直径10㎝程の極太を敷設。固定は1m間隔に12㎜の貫通穴、そこに割竹を地面に打込む。割竹を途中交換すれば3年は十分使用可。


ガーデニング/軒下ベンチ

ガーデニング/軒下ベンチ

木廃材と孟宗竹を活用して玄関ポーチに設置。竹2本を半割にして並べ奥30㎝幅1.6m壁の窪みに収める。半割にすると屋外でも割れ難いし厚肉孟宗竹の使用で強度もOK。


ガーデニング/連結ポット

ガーデニング/連結ポット

竹は3本だが隣同士を半月に割り抜き中は1室。竹を接続しているのは針金、見えない位置に穴明け通し締め込み一体化。大きい鉢にする苦肉策。


ガーデニング/階段プランター

ガーデニング/階段プランター

ログハウスの階段に置くため傾斜と踏み段に合せた切込みと脚に苦心しベゴニア植え。もっと土の量を増やす切り方にすべき、が反省点。


ガーデン全景

ガーデン全景

ログハウスの玄関に花器を全て竹で作った「竹だけガーデン」竹の活用実験場。


バス停/ガードパイプ

バス停/ガードパイプ

道路の三角州にあるバス停を車の飛び込みから守ろうと設置。直径12㎝の竹を地面に打った鋼管で支えてあるが車を止める強度は無い、がアピール効果大。


バス停/ベンチ

バス停/ベンチ

地面にへたり込んで待つお年寄りを見て製作。廃材と竹で長さ1.3m、針金やロープを使わない独自の方法で竹を締結したすっきり外見でコストゼロ。竹の丸みが尻に優しいと好評。


バス停/修景柵

バス停/修景柵

地域の玄関口が雑草に覆われているのを見かね整備に着手。クローバを播いた後に竹の柵を巡らす。使った竹は15m。支柱は全て廃材、竹に明けた□穴に差し込み接続する独自の無縄工法。


バス停/児童の止り木?

バス停/児童の止り木?

バスを待つ間ウロチョロ危ないため花壇柵を兼ねて極太の竹を設置。以後電線スズメのように竹に添って並び、腰掛け、おしゃべりに集中して徘徊なし。
支柱天端を半円に切って竹を受けて児童がグラグラしても頑丈。


バス停/安全ポール

バス停/安全ポール

バス停の周囲に回した竹の柵が横を通る車に引っ掛けられないよう注意喚起の標柱。竹の太さ12㎝、打込んだ木杭に差込んで立て頂部に輪切り丸太、さらに目立つように反射テープ。


バス停/竹ロープ柵

バス停/竹ロープ柵

従来の竹柵が割れて醜く老朽化しsたため、今度は横桟に竹を使わずロープにした。支柱の極太竹筒に明けた穴にロープを通したうえに巻き付けている。


冒険林/お休みベンチ

冒険林/お休みベンチ

休憩したり荷物を置いたりする。
打ち込んだ4本杭に梁となる丸太を渡しそこに竹を並べ番線で固縛。番線だけでは必ず緩むので全箇所にコーススレッドを通しているが番線も時々増し締めしている。


冒険林/ゆらゆらベンチ

冒険林/ゆらゆらベンチ

座るだけでなく乗って揺らして遊べる人気の遊具。
長さ2mの竹9本両端から15㎝の所に穴開け(節の内側がベター)。そこに12㎜のロープを通すと50cm幅のスダレ?になる。そのままではモッコのように閉じてしまうので両端に突っ張り竹を通し立木に渡した丸太から吊下げる。上面に出た節突起はグラインダーで平滑化する。


冒険林/ゆらゆら椅子

冒険林/ゆらゆら椅子

穴を明けロープで数珠つなぎにして立ち木に吊下げると操り人形のように椅子の形に。竹90㎝×8本+60㎝×4本+15㎝×4本、ロープ太さ9㎜、穴径12㎜。立木本に渡した丸太から吊下げ。


冒険林/ベンチブランコ

冒険林/ベンチブランコ

2mに切った太い厚肉の竹をロープで数珠つなぎにして立ち木から吊下げ。軽量な竹でなければできない代物。子どもはつるんで遊ぶのが大好きでこんなものに群れ集まる。


冒険林/ロープウエーで竹ボウリング

冒険林/ロープウエーで竹ボウリング

子ども達が考え出した遊び。台の上に20㌢の竹を並べボールの代わりに自分がロープウエーに乗って体当たり!残ったピンも戻りに倒せばスペア、なんだと。


冒険林/ロープウエー仕切り柵

冒険林/ロープウエー仕切り柵

ロープウエーの走行ルートに他の子どもが入り込むのを防止する安全柵。左は竹に30㍉の穴を明け木杭に嵌め込む平滑構造。右は割り竹のアーチ形。


冒険林/ローラーボード

冒険林/ローラーボード

レール上に竹を並べその上を板に乗って転がすスケボーならぬローラボー。うまく並べないとローラー同士が競り合ってうまく滑らない。


冒険林/ローラー滑り台(パロディー)

冒険林/ローラー滑り台(パロディー)

竹がローラーのように見えるが実は似せ物で、洗たく板を滑る感じ。建築廃材を斜め梁にして竹筒を45本(真竹4本)上に並べ外れ止めとして両側には板材、上は竹。ローラーもどきで軸心が無いので周りとの摩擦で回らないがそれらしく見えるので子どもが好奇心で遊ぶ。


冒険林/弓矢

冒険林/弓矢

長さ1m巾3㌢ほどに割り、内側の節や鋭利なエッジを滑らかにを削る。両端近くにタコ糸を巻き付けるくびれを作るのと先端中心に糸の通るV溝を削る。タコ糸を張って余分を巻き付けながら張り具合を調整する。
矢は太さ10㍉以下長さ60㌢のシノダケ、先端は丸く後端は糸が掛るようにV形に削る。
決して人に向けないことを約束して子供に使わせると撃ち方が分らず矢を何度も落としながらも会得するともう夢中で飛ばしっこ。


冒険林/滑り台(デッキ式)

冒険林/滑り台(デッキ式)

長さ4m×8本で幅50cmの滑走面を作り高さ2.5mのデッキに取付け。バラけないように上下を木材に固定、上は針金で縛っているが下はコーススレッドを滑走面に出ないように刺してある。節はグラインダーで平滑化、斜度は30度、両側に手摺を付けて脱線防止。
危なっかしく見えるのか当初は躊躇するが慣れるとスイスイ、滑るほどにツヤが出て滑り易くなる。


冒険林/滑り台(斜面用)

冒険林/滑り台(斜面用)

滑り面は前掲デッキ式と同じで斜面に杭で固定。杭の高さで斜度を調整すれいい。写真では上の杭で浮かして斜度を上げ下は落ち葉の山にもぐり込ませている。
子供たちは尻で滑るだけでは物足りずソリを引っ張り出し、落ち葉のスライダープールにダイビングして大はしゃぎ。


冒険林/秘密基地

冒険林/秘密基地

子供の秘密基地熱は非常に高くこの山に3基。立木と竹を骨組に使い笹竹でカムフラする作りで3時間程で完成する良き体験メニュー。
竹は軽量にして加工容易、こういう使い方に最適素材。里活では目の仇にする竹だが子どもの体験に使えば用途は無限。


冒険林/竹クライム

冒険林/竹クライム

ネットクライムを模した竹製のアスレチック遊具。3尺に切った両端に穴明けロープを通して数珠状に継ぎ10㌢のスペーサで間隔を空けている。竹はロープを貫通させているので回らないが滑りやすい。


冒険林/竹デッキ

冒険林/竹デッキ

ターザンブランコ発進台の4本脚の中に造り付け。1.5mの竹14本を丸太の根太に並べ番線で縛り付け。緑色被覆番線を使えば美観も良く抜け難いが時々増し締めは必要。
90㎝×1.5mあるので子どもたちの遊び場、荷物置き場、寝転ぶのにもいい。


冒険林/竹ドラム

冒険林/竹ドラム

極太の竹(直径10㎝長さ6m)を立木から吊下げ、2本のスティックも。叩くと音が出るだけじゃなく節間隔の違いで音程が変るので左右走り回ってカンコンカン。


冒険林/竹ハンモック

冒険林/竹ハンモック

ネットハンモックが子どもの無茶遊びで劣化、今度は丈夫な竹で作る。2尺5寸の竹20本にロープを通し立ち木に引き止め。片方に手摺兼背もたれの竹を渡しで出来上がり。ゴツゴツして痛いと言うなら「今度来る時はマット持参!」


冒険林/竹刀

冒険林/竹刀

子どもは棒が大好き、どこでもやたら叩いて遊ぶ。細めの竹を1mに切り角を削って2,3本置いている。


冒険林/竹手甲?

冒険林/竹手甲?

子どもは何でも玩具にしてしまう。自分が切った竹を腕に嵌めてスーパーマンのポーズ。


冒険林/竹筒渡り

冒険林/竹筒渡り

廃材でL型断面にしたレール上に並べたローラーの上を転ばず踏み外さず歩く悲鳴マシン?すってんころり転びそうになる子、手摺にしがみ付いて歩けない子、一気にわたり切る子様々。


冒険林/竹管楽器

冒険林/竹管楽器

0.6~1.2mまで11本。長さと音程あまり比例せず径、肉厚、節間隔で音階が変る。1本づつ調律(切詰め)して何とかドから上のファまで出来ている。
傍に楽譜と木槌を下げておくと子どもは競って演奏、また風が吹くと自動演奏?も聞ける。


冒険林/竹蚊取り

冒険林/竹蚊取り

長さ18㌢に切って上に2㌢×15㌢の長穴を明ける。下両端に切り込みを入れ木の脚をボンド接け。非実用品。


冒険林/自転車置き場

冒険林/自転車置き場

冒険林に来た子どもたちが乱雑に置いて困るので通路の両側に自転車置き場。延べ12mの竹柵に寄り掛ける型で間伐杉の杭で支持。


冒険林/落ち葉プール

冒険林/落ち葉プール

竹滑り台の下を竹とネット(工事用の廃品)で囲い、盛り上げた落ち葉の中に潜り込む子どもの喚声。中には逆さまに滑り頭から埋没する子どもも。
プール寸法:1間×1間。土が露出しないように落ち葉の下にもネットを敷いている。


冒険林/見張り台

冒険林/見張り台

秘密基地、隠れ家を支えている立ち木の上に丸太の梁を置きそれに竹を固縛すると幅2m奥行き60cmのデッキ完成、高い所が好きな子どもを満足させる。


冒険林/鉄棒

冒険林/鉄棒

子どもたちの希望で作ったもので1間程離れた立ち木にロープで固定。竹が回らないようにしっかり結ぶ。竹は脆くなるので早めに取り替えないと危険。


受賞「竹活公園活動」

受賞「竹活公園活動」

公園財団主催「公園・夢プラン大賞2013」実現部門に入賞。「竹を活用して公園資源を拡充し活性化に寄与」への評価


工作体験/竹切り

工作体験/竹切り

子どものノコギリ体験に最適な竹を使って太い物を切る快感?を体実感させる。


工作体験会

工作体験会

子どもの工作熱が高く工具を出しておくと勝手に使って何かし出すので改めて工作会を開催。竹は工作が容易な素材で皆思い思いに何か作っている。


工作体験作品

工作体験作品

子供の工作熱に手っとり早く応えられるのが軽量にして加工容易な竹を使った工作。今回は単純筆立てだが切るだけでなく穴を明けることで創作度が広がる。切り口が直角にならず置くとユーモラスに傾くところがあたかも意図したかのよう。


工作体験教室

工作体験教室

竹は工作が容易、切り割り穴明け、子どもでも簡単。飾り物、遊び物などを作る体験には最適。
写真は正月飾り作り。切って割って削って穴明け接着と子どもの工作欲を満足させるに十分。


本になった竹活班

本になった竹活班

林業改良普及双書「竹林整備と竹材利用」に17Pに渡り掲載。


玩具/シシオドシ

玩具/シシオドシ

日本庭園の修景物を玩具に応用。直径6㌢長さ1.1mの竹と廃材を使用、竹の漏斗を上に付けて玩具っぽく構成。水を注ぐと突然動き出すのに子どもはびっくりする。


玩具/木竹水車

玩具/木竹水車

ハブは杉丸太、アームはシノダケ、羽根はペットボトル、その他竹づくし。子どもはこれを組み立て水を引いてうまく回るように工夫しながら体験学習する仕掛け。


玩具/水車樋

玩具/水車樋

ペットボトル水車2台をつなぐ水路に竹を活用、水車を回した水を受け次の水車に流し最後はシシオドシに流れ込む仕掛け。子どもはタンクに補給したり樋に流し込んだり夢中で遊ぶ。


玩具/竹トンボ

玩具/竹トンボ

糸を引っ張り回転させると羽根が軸から離れ飛び上がる方式。軸が無い分、軽量且つバランス問題無く飛距離大。


玩具/竹馬

玩具/竹馬

子どもたちの希望で竹馬作りと乗り方指導。竹と巾木と麻ロープが材料で問題はロープでの縛り付け。すぐグズグズになる。
何とか作り終えて早速トライだが全く乗れない、と思ったら学校にも樹脂製の竹馬があるが遊ぶのは女子ばかりだと言い訳。


道具/ジグソー

道具/ジグソー

木工に使うだけでなく竹にも使う。トーテムポールを作るため顔を彫るにはこれしか無い。この後木工ヤスリで研磨仕上げ


道具/半月ノコ

道具/半月ノコ

床壁に穴を切り開ける時職人が使う道具。竹に小さい角穴を明ける際直鋸では中迄通らないが半月刃では容易、貫通後反対側の直刃を使って切り広げる。


道具/竹切り台

道具/竹切り台

竹をV字形の受けで押さえ込む。今子どもが上に乗っているが一人で使う時は足で押さえ込む。垂木を組み合わせぐら付かないようにがっしり作ってある。長い竹にはもう1台あると便利。


道具/竹割りナタ

道具/竹割りナタ

流しそうめんの竹樋を作るため二つ割り中。竹は先の方からナタを入れると全長真っ二つになる。ナタは両刃が適し片刃では片寄る。またナタを叩く時金槌を使うとナタの峰が潰れるので固い丸太等で叩くのが良く、木槌は打ち損なって壊してしまう。
ある程度開いたらナタから木の板に取替え打ち進む。


道具/竹割り棍棒

道具/竹割り棍棒

両刃のナタを叩き込む堅木のこん棒。金槌はナタの峰が潰れるし木槌も打ち損なったら柄を折るので不可。少し割れたらナタから割れ目に入る長めの物に替える。


道具/竹加工台

道具/竹加工台

作業台の上に置いて細かい加工用、1個、2個組みで使う。台ごとぐらつく時はシャコ万で固定。


道具/竹工作用工具

道具/竹工作用工具

竹林整備と竹の活用に使っている刃物工具。
左から1番目:枝落しナタ、竹を伐採した後に使う刃こぼれ老朽品 2番目:両刃の竹割りナタ 3番目:工作ノコ、小細工用 4番目:折畳みナイフ 5番目:小刀、鉛筆削りの要領で使う小細工用 6番目:竹切りノコ、刃が細かく滑らかに切れる 7番目:竹伐採ノコ、刃が厚く頑丈


道具/節削りグラインダー

道具/節削りグラインダー

竹の滑り台作りで節の外周を削り滑らかにしている所。木と違って竹はディスクグラインダーの鉄工用砥石で難無く削れる。流しそうめん樋のほか竹工作に必須の工具


道具/節削りサンダー

道具/節削りサンダー

流しそうめんの竹樋作りで節を取って内面を平滑にする。金槌で叩き割った後ディスクグラインダーで荒削りする。砥石は荒い鉄工用で十分だが肝心な樋の底にうまく届かない。そこで使うのがサンダー、先端を使うと真っ平らに削れる。


道具/罫書きトースカン(もどき)

道具/罫書きトースカン(もどき)

半割りや心出しする時の罫書き用。本物は鉄製で罫書き針が付いているが、これは木片の先にクリップで止めた鉛筆という自己限定重宝品。


道具/罫書きメジャー

道具/罫書きメジャー

目見当だけで切ると大抵斜めに切れてしまう。壊れて巻取り不能のメジャー(幅広のが良)を適当な長さに切って罫書き用に使用。目盛面をぴったり巻き付け線を入れ、それを片目で見ながら鋸を入れると直角切断可能(完璧でないが目見当よりずっと良い)


道具/靴プロテクター(ゴム製)

道具/靴プロテクター(ゴム製)

竹林を歩く際靴の内側面に切っ先が刺さり込む危険を回避するためゴム板(3㎜厚10×30㎝)に紐を通し靴に縛り付け費用は700円で非常に重宝。このままゴム長にも転用可


里山/ごみ捨て防止看板

里山/ごみ捨て防止看板

極太孟宗竹(直径12㌢高さ1.1㍍)を添え木で路傍に立て、ラミネシート貼り付け。
道路沿いを放置していると不法投棄の場にされる。すっきりと刈り払って看板を立て管理状態を誇示すれば防げる。


里山/なめこの日よけ

里山/なめこの日よけ

ナメコのホダ木は地面に伏せるため発生した時ぬめりにべったりゴミが付着する。その防止と遮光のため遮光ネットでトンネルを製作。そのアーチ骨に割り竹使用。昔農業トンネルと言えば皆こうした竹製。


里山/シート小屋

里山/シート小屋

骨組みは全部竹(但し一方は立ち木)で針金締め。間口奥行とも1.5間だが右続きに椎茸ホダ場がある。屋根は1尺間隔に配した垂木に片流れの雨勾配を付けシート張り(ホダ場は遮光ネット)。シートは風で煽られると敗れるので屋根を緩勾配とし壁を設けず風圧を防止、ロープをピンと張ってバタつかない措置。当然降り込むので少々濡れても良い物を収容、大事な物は道具箱に。メンテと言えば落ち葉の掃除と針金の増し締め。


里山/ベンチ

里山/ベンチ

林内休憩用の固定式。座板は真竹5本を並べ両側を間伐杉の丸太にバインド線で固縛。脚は20㎝位打ち込んでぐら付き防止。
竹は固く縛っても収縮して弛むので抜け落ち防止に下の丸太側からコーススレッドを通している。また竹は屋外で劣化が早いので傷んだ竹は随時更新する。


里山/伐採竹置き場

里山/伐採竹置き場

竹林整備腰高伐採地。切った竹を整然と置くため切り株をそのまま杭として利用、どんどん積み重ねてもびくともせず林内が整理される。
この切り株には大量の水が吸い上げられ切るとどっと出てくるほど。従って竹林全体を早期に殲滅する効果がある。


里山/山野草保護柵

里山/山野草保護柵

刈払い時の誤伐や盗掘防止にこれまでは篠竹を刺していたがもっと恰好良いものをと八つ割りにした竹を弓形に曲げて刺す。独立した株には十文字に、広い範囲には囲むように連ね刺すとよく目立つ。


里山/手摺(散策路)

里山/手摺(散策路)

もみじ山散策路の崖地に作った転落防止柵。山中なので見た目より体重を掛けても大丈夫なように。


里山/散策路に竹チップ

里山/散策路に竹チップ

千葉積水工業㈱の「潤いの森づくり活動」に竹を提供。竹チップにして散策路に敷き詰めると雑草が生えず路面が柔らかで歩きやすく心地良い。


里山/暮レソン栽培

里山/暮レソン栽培

水路のクレソンを暮れに収穫するため霜除けビニールトンネルで覆うと中は瑞々しい緑。水路に縦横に渡した竹にビニールを針金で止めている。


里山/植物名札

里山/植物名札

数ある植物に名札が付いていると親しみが湧くと言うもの。割り竹に油性ペンで書いただけだが好評


里山/椎茸ほだ場

里山/椎茸ほだ場

縦2間横1.5間高さ5尺の骨組みは柱梁垂木全て竹。針金で縛り長方形の1辺をヒノキの境界木に連結してあるので倒れない。上を遮光ネットで覆い冬季の日照抑制。
メンテと言えば年1回溜まった落ち葉を掃除してネットを保護。弛んだ針金の増し締め。これでで4年経過して完全健在。


里山/看板

里山/看板

立ち木に渡した竹竿に風倒丸太をチェンソーで斜め切りした板を針金で吊り下げ。字は印刷パウチして貼り付けたお粗末ものだが結構環境に溶け込んでいる?


里山/稲出しレール

里山/稲出しレール

湿田の稲刈りは地面に置けないのでコンパネに載せ竹のレール上を移動して畔に運び出して束ねる


里山/稲架(はせ)

里山/稲架(はせ)

機械化によって懐かしの風景を公園の水田に再現。両端は三脚、中間は2m間隔にX字形に組んで荷重だけでなく風圧も考慮。


里山/立入禁止柵

里山/立入禁止柵

不法投棄、山野草の盗掘が心配される散歩道沿いに設置。2mの竹を8等分した割り竹をアーチにして刺すと修景物としても有効。
細い竹で作った割り竹をアーチ形にすると割れてしまうので太く肉薄のものを使う。


里山/竹の腰高伐採

里山/竹の腰高伐採

根元に屈み込んで切るより筋力、時間ともに半減、根茎ごと枯れるため竹林全体の去勢効果あり。後日腰高の竹を切ると棹内に大量の水。その周辺に発生した筍は皆ヒョロヒョロ。それを小まめに切り取っていけば竹林は絶滅する。


里山/階段手摺

里山/階段手摺

法面に設置した丸太の階段に竹を使って手摺を付け修景物を兼ねる。支柱は廃材、その頭を竹に開けた穴に差し込んで締結しているので凹凸無くすっきりデザイン。


飾り/2010年正月

飾り/2010年正月

40㎝程の長さで上端を門松風に斜め切り、中間に四角窓。倒れないように下端に十文字に板の脚。脚を付ける溝の切り方は、先ず板厚と同じドリルで穴を開けその巾で割り取る。そこに板を十文字に挿しボンドが乾かぬうちに筒が垂直に立つように微調整。
水を入れマツとナンテンを挿すと正月の雰囲気。


飾り/2011年正月

飾り/2011年正月

2010年型を改良。台座も太い竹にして花器を嵌め込み竹の楔で固定し隙間に松葉を刺した上をワラ縄で巻いて里山素材で統一。
難しいのは楔入れで1本1本削り出し円周4箇所以上、垂直を保ちながら打ち込む。乾燥すると弛むのでここにも水を注す。
作り方は「元気里山工作場」検索


飾り/稲穂飾り

飾り/稲穂飾り

竹筒上面に15㎜と30㎜、下面に5㎜の穴を明け並べ。稲穂を輪ゴムで束ねて穴に刺し、底から爪楊枝を挿し込んで倒れ防止。


飾り/花差し

飾り/花差し

SLのような形の煙突?に花を差す。脚は半割りの竹を臍穴に嵌め込んで固定。正月飾りとして住民に200円で販売。


飾り(地元販売用)

飾り(地元販売用)

花器に里山で採ったナンテンと松を刺し200円で販売。用意した30本即完売の人気。


飾り(門飾り)

飾り(門飾り)

門松は手間が掛る高価なものだがこれは1本竹で住民に200円で販売。先端を斜め切りし中間に窓を明け藁縄を巻いたもので門柱等両側に2本縛り付ける。窓にナンテンと松を差す。