yamayuriyama.cocolog-nifty.com > 元気里山遊具班

里山の木竹使って粗木な手作りアスレチック

タイヤブランコ1型

タイヤブランコ1型

ドリルで外周4ケ所に穴を明けロープを通し2本の立ち木から吊下げ。水平を保つため4本吊りだが上部は2点支持。タイヤ底面に必ず水抜き穴。


タイヤブランコ2型

タイヤブランコ2型

タイヤ2本にそれぞれ3個の穴を明け、H形に組んだ木枠に挟んで2輪形に組立て。立木2本から4本のロープで2点吊り。
子どもは相乗りふざけ合うのが大好き、こういう乗り物でキャーキャー遊ぶ。


タイヤブランコ3型

タイヤブランコ3型

3本タイヤの接点をボルトで連結、3角形に組んだ木枠で受け三ツ輪形に。立ち木に渡した丸太からロープ3本で吊下げ。揺らすのでなくロープを捩じって乗り込み、撚り戻る回転を楽しむ人気遊具。


ターザンブランコ

ターザンブランコ

子どもにターザンのような腕力は無いので立木から下げたロープ(5m)下端の輪に片足を掛けて高さ2mの発進台から飛び出す、大人も悲鳴の人気遊具。発進台は4本丸太の櫓で好みの高さが選べる。


ツリーデッキ

ツリーデッキ

冒険林の中心ツリーデッキ。3本の立ち木に渡した梁と間柱、手摺は杉間伐材、床は竹根太に古コンパネ張り。
3階(高さ5m)は展望台兼ロープウエーのメンテ場、2階(高さ2.5m)はロープウエー、滑り台、綱渡りの出発点。1⇔2階は丸太梯子と丸太階段、1⇔3階は大丸太梯子と螺旋梯子、2⇔3階は縄梯子で往来、これだけで冒険遊びができる。


ツリーデッキ2階

ツリーデッキ2階

ロープウエー、綱渡り、滑り台の出発点で高さ2.5m、地上から丸太梯子と連立丸太階段で上りさらに3階へは縄梯子。
間伐杉丸太をなまし番線で縛って骨組みとし床材は竹根太に古コンパネ張り。


テント

テント

GW限定のキャンプ場(格好のみ)。5人用テントの中にベッドやマットを入れ、タープも張って寝椅子やテーブルを置くとこれもまた遊び場。


ハイジブランコ

ハイジブランコ

ロングブランコが大人気、二人乗りしてキャーキャーはしゃぐ子ども達。公園のは長さ2m程度だがこれは5m。横に伸びた立木の枝から9㎜のロープを下げ下端に丸太の腰掛。上部が1点吊りのためクルクル回転するのがミソ。


ハイジブランコ発進台

ハイジブランコ発進台

5mもある長いブランコは自力で漕いでも速度が出ないので高さ1.4mの乗込み台を設置。ここから飛び出すと大人も悲鳴の急降下体験。子どもは始め怖がるが1回飛び出せばもうハイジ気分、揺れ戻った時これを足で蹴ると加速することも覚え病み付く。


ハンモック

ハンモック

ネット通販1800円で購入。立ち木に張ると単に寝転ぶだけでなく揺らし合い、さらには振り落としっこ?で熱狂。網が伸びてモッコ状になってしまったが超人気遊具。


モンキーロープ

モンキーロープ

子供の体力向上に一役買う遊具。実際やらせてみると確かに自分の体重が支えられず落ちてしまう子が多い。もっと挑戦欲をそそる工夫が要る。


ロープウエー

ロープウエー

立木に張り渡した30mのワイヤーロープ(径9㎜)に滑車、そこから下げたベルトに片足又は腰を掛けて乗る。高さ2.5mの乗り場から喚声上げながら飛行する小1女子、1回乗ったら必ずハマる人気トップの遊具。


ロープウエー乗り場

ロープウエー乗り場

ツリーデッキ2階高さ2.5m、地上から丸太の梯子を上る。立ち木と丸太を組み合わせた骨組、床は竹を並べた上にコンパネ。
綱渡り、竹の滑り台の出発点でもあり縄梯子で上れば3階にも。


ロープウエー仕切り柵

ロープウエー仕切り柵

ロープウエーの走行範囲に他の子どもが入り込み衝突するのを防ぐ安全対策。左側は竹に穴明け木杭に差し込んだすっきり構造。右側は割り竹をアーチ形に刺したもの。


ロープウエー低速化

ロープウエー低速化

ワイヤーロープと滑車に油を差すようになって高速化したのでロープの傾斜を緩めるべく始終点の高低差を縮小。


ロープウエー竹ボウリング

ロープウエー竹ボウリング

台の上に竹筒を並べロープウエーに乗って足又は体当たりして倒す。後ろ向きになったり揺れたりして結構難しく、競い甲斐がある。


ロープウエー給油器

ロープウエー給油器

軽い子どもでも高速で走ると滑車も磨耗する。またワイヤーロープも錆びるので全長に塗油したいが高くて届かない。そこで滑車の上部に空缶を取付け。
滑車をワイヤーロープに取付ける最、飲み口から油を入れて走らせ底の穴から油を垂らし注油する。


ロープウエー降り場

ロープウエー降り場

30m走行すると終点立ち木手前のストッパーで急停止、反動で後戻りするが止る所が一定しないので4mの丸太を使ったプラットホームを設置。丸太の上面をチェンソーで平らに削っておりこれ自体が平均台等の遊び場になる。


ローラーボード?

ローラーボード?

板で作ったL形のレール上に竹を並べその上を板で滑るスケボーならぬローラボー。転がる時はよく滑るがローラーが干渉すると難しい。


ローラー滑り台(似せ物)

ローラー滑り台(似せ物)

竹がローラーのように見える偽物で洗たく板を滑る感じで尾てい骨に響く。巾65㎝長さ3.5m落差1.75m傾斜30度。建築廃材を斜め梁にして竹筒45本並べ外れ止め。竹は周りとの摩擦で回らないがそれらしく見えるので子どもは好奇心で滑ったり上ったり。


丸太ころがし

丸太ころがし

風倒木丸太の両端に脱線防止の円板、レールも丸太で手摺は竹。手摺無しで上手に乗りこなす子もいるバランス感覚養成遊具。


丸太ん人?

丸太ん人?

入り口に立つ案内人?風倒木に残った枝の跡が鼻や耳に見えたのでいっそのこと顔にしたもの。輪切りした木を貼り付けて目や耳の片方、帽子にした。


丸太イヤ?

丸太イヤ?

丸太の両端面にホイルの付いたタイヤ。「どうやって遊ぶの?」と言いながら自ら丸太乗りをこなしてVサイン。子どもは何でも遊び道具にしてしまう。


丸太シーソー

丸太シーソー

長さ5mの重心に取り付けてある回転軸は円筒ではなく角材?その角を切株の平面上に置いただけだが脱落防止枠で安全。両端に掴まる取っ手付。


丸太ベンチ

丸太ベンチ

風倒木を6尺に切り座面を平らにしてV溝を切った丸太の台に置きカスガイを打って外れ防止。また両端面に竹筒のボトルホルダー。


丸太ロープウエー

丸太ロープウエー

立ち木間に15mのワイヤーを傾斜を付けて張り、2個の滑車から吊り下げた丸太に乗る低位置緩傾斜の安心遊具。メインワイヤーは8㍉、滑車は作業用の直径50㍉、吊りロープは繊維12㍉。
高い速い本格ロープウエーには怖くて乗れない小さい子が丸太に跨ったり立ち乗りしたりして歓声を上げる人気の遊具。


丸太平均台

丸太平均台

上から見ると十字形に組み合わされた平均台。端部からこわごわ歩いて交叉部で行き違い中の幼児達。バランス崩して飛び降りに備え周辺地面は邪魔物無きようにしておく。


丸太梯子

丸太梯子

風倒木の丸太に30㎝間隔に切込みを入れ板の踏み桟をネジ止めしたもの。風変わりな梯子に引き寄せられるように子供が上がっていくと高さ5mのツリーデッキに到達。


丸太橋

丸太橋

立ち木を結ぶ細い丸太に竹の手摺。丸太は回らないようにしっかり固定。
単純なものだが冒険心がそそられるのか子どもは競ってトライする。


丸太渡り

丸太渡り

高さ1.8mに架けた丸太の回廊を恐る恐る渡る遊具。隣の綱渡りと8の字状に接続しており全長50mの高架を成す。綱渡りは手摺ロープが張っているが渡り丸太は手が届く間隔に立っている支柱が頼り。


丸太滑り台

丸太滑り台

風倒木をツルツル滑るように研磨、傾斜35度落差1.7m、丸太のみでは途中でひっくり返るので竹の手摺1本付けてサポート。
見ただけでは何か分らず「どうして遊ぶの?」と聞かれる不遇な遊具。


丸太遊ランコ

丸太遊ランコ

2本の立木に張り渡したロープから吊下げた丸太。吊り下げ部は滑車と回転吊具で移動も回転もできロープも捻れない。
昔あった遊動円木は禁止遊具にされたが、これは乗って揺らして回転、移動もするので「遊ランコ」と命名。数人で戯れる大人気遊具。


丸太階段

丸太階段

綱渡りロープに乗り込むために風倒木を活用、チェーンソーで踏み段を切り込み、上端はV溝にして立ち木にはめ込みロープで縛り付けて固定。
子供はこの階段に引き寄せられるように上り綱渡りにトライする。


半丸太階段

半丸太階段

障害木をチェンソーで半分に割り斜面に並べてズレ動かぬよう両端面を杭で固定。土を掘り返さずに滑り易い斜面が階段になる。
風変わりな階段に惹かれピョンピョン上がり降りしているが「雨に濡れると滑るヨ」


回転タイヤ

回転タイヤ

冒険林唯一の回転遊具。ロープを捩じって撚り戻る回転に乗るとかなりの高速回転が体験できる。フラフラになる子もいるが2,3人相乗りして楽しむ人気遊具。


子供水場/2013年版

子供水場/2013年版

橋から水を流すと5基の水車が回る仕掛けに大人気再来


子供水場/4連水車

子供水場/4連水車

上の竹樋から落ちる4本の水流により4台の水車が回る壮観な仕掛け。水車は全て500mlペットボトルの胴部を折り紙のように折り畳んだ作り


子供水場/ガラクタ水車

子供水場/ガラクタ水車

中心ハブの茶筒に外周6個の羽根はペットボトル、サイダー缶、ドリンクびんをネジ止めした屑物ばかり。


子供水場/シャワー水車

子供水場/シャワー水車

タンクに水を入れると下からシャワー、それで水車が水平回って子どもに人気


子供水場/スプリンクラー

子供水場/スプリンクラー

輪ゴムを束にして繋ぎ合わせたゼンマイを捩じって放すと螺旋を描いて水が出る


子供水場/ビンどう

子供水場/ビンどう

ペットボトルの肩から先を切り逆にして胴に差込んだ簡易どう。餌は玉ねぎ袋に詰めた米糠。


子供水場/ペットボトル水車№5

子供水場/ペットボトル水車№5

うるいど自然公園のこども水場に設置「水も掛けてないのになぜ回る?」。ペットボトルの底を切りそこに中心部からノズルで注水して水の重さだけで回転。


子供水場/ペットボトル水車№6

子供水場/ペットボトル水車№6

3層板に半割ボトルをネジ止めした直径60㎝の水車。他の水車と同じだが子ども自ら水を流して遊べるよう橋の欄干に竹の樋を3方向に取付けそれぞれに水タンク。そこに水を入れる、また水を汲む、夢中にさせる。


子供水場/三脚水車

子供水場/三脚水車

水路の中に立てた3脚の上にペットボトルの散水タンク。ノズルから出る水で回るペットボトル水車と空き缶水車等3台


子供水場/二連水車

子供水場/二連水車

右のペットボトルと左の空き缶を同軸で合体、水の吹き出しを前後振り分けて互いに逆回転して目が回る


子供水場/散水管

子供水場/散水管

竹筒に3㎜の穴を10㎝ピッチに明け、水圧を得るため50㎝上にペットボトルのタンクを置き竹筒で直結。欄干越に子どもがタンクに水を流している。


子供水場/水上水車

子供水場/水上水車

ペットボトルの水車を竹の筏に載せ池に浮かべたもの。奇抜さに引かれ子どもたちが集まる。


子供水場/水汲み水車

子供水場/水汲み水車

竹筒の中空軸に半割のペットボトルを取付けハンドルを回すと水を汲み上げ竹筒に流れ込み水受けに出る。ホースと竹樋を伝って水車を回す仕掛けに子どもが飛び付く。


子供水場/水汲み釣べ

子供水場/水汲み釣べ

水路から橋の上のタンクに水を上げる滑車とロープ。ペットボトルのバケツをフックに掛けロープを手繰って吊り上げる


子供水場/空中スプリンクラー

子供水場/空中スプリンクラー

こども水場の上に張り渡したロープウエーにペットボトルを走らせると水を噴出しながら行ったり来たり、子どもの喚声上がる涼感遊具


子供水場/竹の噴水

子供水場/竹の噴水

3.5mの竹から全部節を抜いて竹の管を作り先端に3.2㎜の穴を直列に開け並べ。先端は掃除用に木栓で取付け。


子供水場/竹の噴水Ⅱ

子供水場/竹の噴水Ⅱ

橋の欄干に付けた竹筒から出る噴水


子供水場/竹の水車

子供水場/竹の水車

40㎝の竹筒中心部を半割にし十文字に抱合せ、水路の水を樋で引き込み。うるいど自然公園にシシオドシと共に設置。


子供水場/竹の筏

子供水場/竹の筏

4mの竹21本を6尺の垂木に針金で縛り付けると十分な浮力が得られる。池に張ったロープを手繰って池の両岸を行き来する冒険遊び


子供水場/竹帆舟

子供水場/竹帆舟

竹の上半を切り開き底部に石のウエイト。帆は食品トレイを竹の切り溝に挟み込み爪楊枝で固定。


子供水場/魚取り桟橋

子供水場/魚取り桟橋

竹20本を垂木で繋いだ浮桟橋、係留を解けば筏に変身。水中生物の観察や魚取りに大人気


弓矢

弓矢

逆に構えたり矢を落としたりしながらも会得してくるともう病み付き飛ばし合い。「絶対人には向けるなよ!」


昆虫飼育箱

昆虫飼育箱

コンパネで作った落ち葉堆肥のボックスにカブトの幼虫を飼育。中を掘り返っすと出てくる幼虫をビクビクしながら取り出し観察。


木の又登り

木の又登り

3本幹に付けた手掛かり足掛かりが頼りだが手や足の配置に頭も使う。


木刀

木刀

杉の間伐材から反りの入った部分をカット、刀身らしく丸鋸で薄く切り小刀とやすりで仕上げ。やはり子どもはこれが好き。


木登り体験木

木登り体験木

横に張出した枝が多く滑りにくいこのウワミズザクラ。1本目の枝まで上り易いように根元に丸太の階段を置いて誘導。子どもは高い所が好き、競って上り出す。


木登り変形木

木登り変形木

垂直の木は女子にとって苦手だが、これは上り易い傾斜の付いたコナラの木。上り着いたら飛び降りるにも手頃な?高さ。


棒っ切れ

棒っ切れ

落ちている枝切れを振回し叩き掘りチャンバラetc.子どもは棒っ切れ大好き。
そこで何でもいいから手頃な長さに切った棒や竹竿を置くと競って取り合い遊び始める意外手近な遊具。


椎茸植菌体験

椎茸植菌体験

コナラ原木に穴を明け木槌で叩いて菌を植える。コンコン良い音がして楽しい。


水遊び/シシオドシ

水遊び/シシオドシ

日本庭園の修景物を水遊び玩具に。子どもたちは始めて見る竹の漏斗に水を注ぐと竹筒が突然動き出し「カターン」音にびっくり。


水遊び/スプリンクラー

水遊び/スプリンクラー

底にシャワーの穴を明け上から輪ゴムで吊っている。輪ゴムの動力でペットボトルが回転し水を振り撒く仕掛け。


水遊び/起上り小法師

水遊び/起上り小法師

一方のペットボトルの底に穴を明け漏斗(ボトルの上部)を差し込み水抜きの穴を数個明ける。他方のボトルには小量水を入れる。木製中心体に蓋をネジ止めしボトルを2個取付け軸を通すと漏斗が上を向く。
漏斗から水を注ぐとひっくり返り水が抜けると元に戻る。
シシオドシをペットボトルで作ったようなリサイクル工作。


水遊び場

水遊び場

水車2基とシシオドシ、水遊び玩具を組み合わせた遊具に子供達が集合、濡れるのも厭わず水掛け水撒き夢中で遊びまくり。
左上部のタンクの水が空缶水車を回すと竹の樋を伝ってペットボトル水車を回転、落ちた水はシシオドシに流下しカッコンと動いて子どもを驚かす。


水遊び場出前型

水遊び場出前型

廃物利用水遊び場として集大成。右上のタンクの水が第1水車を回し落ちた水を樋で第2水車、その下に竹樋を置きシシオドシと起上り小法師に分流、最後はプールに落ちる。子どもはプールからタンクに汲み上げ水の循環を楽しむ。


水遊び水車1型

水遊び水車1型

ハブは杉丸太、アームはシノダケ、羽根はペットボトル、その他竹づくし。子どもはこれを組み立て水を引いてうまく回るように工夫しながら体験学習する仕掛け。


水遊び水車2型

水遊び水車2型

350ccペットボトルを7個用意、6個は胴部を半分切り取りお椀形にして羽根とし、もう1個は軸を通すハブに使う。
ベニヤの円板に明けた穴にボトルの口を挿し込み反対側に蓋を取付けるとローターとなる。
上の大きいペットボトルの穴から水が流れると快調に回転し子ども大喜び。


水遊び水車3型

水遊び水車3型

これは集成板を丸く切り円周にスリットを入れ、そこにPETを切った羽根を差込んだもの。これでも十分回る。


水遊び水車4型

水遊び水車4型

ジュースの空き缶がそのまま水車の羽根にすべく胴部に窓を明け円板にネジ止めしたもの。雨水でも溜まると回り出す。


水遊び水車5型

水遊び水車5型

ペットボトルをほぼ原型のまま使用。直径が43㌢あるので少ない水量で軽く買いたんする。


水遊び水車6型

水遊び水車6型

ペットボトルの胴を斜めに切り底の方を6角板にビス止めしたもの。


水遊び玩具ペットボトル

水遊び玩具ペットボトル

ペットボトルは水遊び用玩具の好適素材。切って色テープを貼り付けるだけで子どもが手を出す。焼酎の取っ手の付いたものは口の部分を切り離すとジョッキと漏斗になりetc.


瓶ケース

瓶ケース

台にしたり並べ重ねたりする自在遊具。何でも遊び道具にするので廃品でも十分役立つ。今秘密基地に並べてお店屋さんごっこ中。


秘密基地

秘密基地

5年男子が作った隠れ家と樹上遊び場、子どもが好きな秘密基地の3基目。地上が隠れ家で木の上が遊び場。立ち木と竹を骨組みにして割り竹を横桟に笹竹の壁、地面に落ち葉のじゅうたんという山賊仕様。


立木ジャングルジム

立木ジャングルジム

株立ちしたコナラに丸太をジャングルのように差し渡す。公園のジャングルと違い手掛り足掛りが不規則なので頭を使わないと行詰るし上に行くほど外に広がりスリル満点。


立木ブランコ

立木ブランコ

2本のコナラに杉丸太を渡し12㎜のロープを垂らし木の腰掛。


競技用「森エンテーリング地図」

競技用「森エンテーリング地図」

この冒険林のある里山全体をオリエンテーリングコースに。公園を発着点にし森、溜池、田畑を経由するコース。住民の手でコースを整備し年1回開催。


競技用「歩行ラリーこま図」

競技用「歩行ラリーこま図」

冒険林を発着点に周辺の里地里山を歩くウォークラリーのマップを揃えてある。


竹のお休みベンチ

竹のお休みベンチ

休憩したり荷物を置いたり。
打ち込んだ4本杭に梁となる丸太を渡しそこに竹を並べ番線で固縛。番線だけでは必ず緩むので全箇所にコーススレッドを通しているが番線も時々増し締めしている。


竹のゆらゆらベンチ

竹のゆらゆらベンチ

座り寝転ぶだけでなく乗って揺らしてふざけ合う人気遊具。
長さ2mの竹9本両端から15㎝の所に穴開け。節や端面の鋭棘突起部をグラインダーで削り平滑化。穴に12㎜のロープを通してスダレ状に継いで50cm幅の座板にする。立木2本に渡した丸太から吊下げ。


竹のゆらゆら椅子

竹のゆらゆら椅子

よそのをパクッたものだが、ロープを数珠状に通しただけでは何か分からないが立ち木から吊下げると椅子になるのが面白い。竹90㎝×8本+60cm×4本+15㎝×4本、ロープ径9mm穴径12㎜


竹の物見台

竹の物見台

立ち木に丸太を渡し竹を敷き並べたデッキ。高さ2mだが子どもは高い所が大好き、上がって満足、得意そう。


竹の鉄棒

竹の鉄棒

立ち木にロープで固定。竹1本ではリスクが高いが肉厚で最大径5㌢位のを回らないようにしっかり結ぶ。時々大人がぶら下がって強度チェック。


竹クライム

竹クライム

ネットクライムを模して滑り易い竹を使ったアスレチック遊具。3尺に切り両端から10㌢の所に穴を明けロープを通してすだれ状につなぐ。竹の間には10㌢のスペーサ(これも竹)を入れて梯子状にしてある。
使わせてみると案の定足を滑らせ隙間に足を落とす。特に下りが怖いとのこと。


竹デッキ

竹デッキ

竹14本を使って片足ブランコ発進櫓の中、丸太の横桟に針金縛りして作り付け。1.5m×0.9mあるので荷物置き場、寝て順番待ち、休んだりする場所。


竹トンボ

竹トンボ

羽根が軸から離れ飛び上がる引き糸式。軸が無い分、軽量且つバランス問題無し


竹ドラム

竹ドラム

直径10㎝長さ6m極太の竹を立木から吊下げ、2本のスティックも。叩くと良い音が出るだけじゃなく節の間隔に応じた音程になるので左右走り回って演奏?


竹ハンモック

竹ハンモック

2尺5寸の竹20本にロープを通し立ち木に引き止めたもの。繊維ロープを使うと穴径が大きいため竹が弱くなるため6㍉のワイヤーロープを使用、穴は10㍉。穴の位置は端部から10㌢入った所でロープ間隔は550㍉となり安定する。
片方に手摺兼背もたれの竹を渡しで出来上がり。ゴツゴツして痛いならマットを敷けばいい。


竹ブランコ

竹ブランコ

2mに切った竹にロープを通して数珠つなぎ。立ち木に渡した丸太にロープを掛けて吊下げ。


竹ボウリング

竹ボウリング

直径5,6㌢の竹を30㌢に6本切り地面に立て並べる。サッカーボールを投げるか蹴るかして倒す。サッカー少年の闘志を掻き立てるゲーム。


竹刀

竹刀

男の子が大好きな棒だが木の棒では重過ぎて振り回せない。そこで竹の端面と節を磨いて竹刀とする。これだけで立派な玩具。


竹切り体験場

竹切り体験場

竹は軽く加工容易な素材。特に切るのは簡単なため竹と鋸を持たせれば「花瓶だ」「筆立てだ」と良き遊び良き工作実習(ケガは自己責任)


竹工作場

竹工作場

竹は容易に工作できる素材、円筒形のままあるいは割って短冊にして色々なオブジェ?つくりに挑戦中。


竹手甲?

竹手甲?

輪切り竹を腕に嵌めてスーパーマンのポーズ。何でも玩具にしてしまう子ども、竹の切れっ端だけでも十分遊べる。


竹滑り台

竹滑り台

長さ4mの竹8本を角木材に並べた幅50cmの滑り台、高さ2.4mのツリーデッキに取付け。両側に手摺、着地点にクッションコンパネを配置。滑り良く始めは恐々、慣れてくると病み付きになる。


竹筒渡り

竹筒渡り

70㎝に切った竹を廃材で作った長さ6mL型断面のレール上に並べ手摺を設置。竹の上を転ばず踏み外さぬよう歩く喚声マシン?乱れた竹は自分で直す。


竹管楽器

竹管楽器

最長1.2mから少しづつ短くして最短は0.6mまでド~上ファ11本。音程と長さは比例しないので1本づつ調律(切り詰め)する。木槌で叩くとシシオドシの音色でメロディーが弾ける。


竹蚊やり

竹蚊やり

蚊に食われても遊びたいこどものために作った竹の蚊遣り。20㌢に切り上に幅3㌢長さ15㌢のスリットを明ける。線香は針金で挟んでスリットに入れる。
風が無ければ遊び先に持ち運べて便利。


竹馬

竹馬

竹と巾木と麻ロープを使って子どもたちと竹馬作り。作り方は知られているので省略。


綱渡り

綱渡り

4本の立木を巡って高さ1m,2m,3mの高さにロープを張り渡した人気の遊具。子どもは連れ遊ぶので同じ径間に乗って揺らしたりする。当然ロープが伸びるが掴まりロープは緊張を保っておかないと怖い。


綱渡りロープ緊張具

綱渡りロープ緊張具

繊維ロープは伸びてたるむのでその都度ロープを解いて引っ張り直したのでは大面倒。そこで考案したテンション丸太。弛んだら上の丸太を叩き込み突っ張る仕掛け。こうまでしなくても立ち木の間に楔を叩き込む方法もある。


綱渡り一周コース

綱渡り一周コース

人気の高い綱渡り。これまでの5mから延長し5本の立木を経由する高さ2mの綱渡り回廊?のでき上がり。そこへ丁度やってきた小5の常連が渡り初め。「むずかしー!」と連発しながらも渡り切ってガッツポーズ。
怖いのは途中立木を乗り越えるのに手足が届かない為らしい。


縄梯子

縄梯子

ツリーデッキと中2階ロープウエー乗込み場を上り降りする。ツリーデッキは丸太梯子で地上とつながっている。
縄梯子は吊り下げただけでは上がり降りにかなりの腕力が要るが、ロープの下端をデッキに縛り付けると梯子が逃げないので楽になる。


茸採り場

茸採り場

森の隅っこにホダ場設置。シイタケ採りにみんな夢中、大感激。このほかナメコ、ヒラタケのホダ場もある。


落ち葉プール

落ち葉プール

竹滑り台の下を竹とネット(工事用の廃品)で囲い、盛り上げた落ち葉の中に潜り込む子どもの喚声。逆さまに滑り下り頭からダイビング埋没する子どもも。
囲いの広さは1間四方、落ち葉の下にもネットを敷き地面が露出しないように、また混入木枝等除去


落ち葉滑り

落ち葉滑り

斜面に積もった落ち葉はよく滑るが木の枝が潜んでいたりするのでソリがあった方が安全。


落ち葉焼き芋

落ち葉焼き芋

落ち葉を半切りドラム缶に入れ中に芋。火吹き竹で懸命に火を起す。


落ち葉集め

落ち葉集め

焼き芋に使う落ち葉を熊手や箕で掻き集める。


虫刺され常備薬

虫刺され常備薬

虫よけスプレー、痒み止めなどカゴに入れて林内に常備


螺旋梯子

螺旋梯子

ツリーデッキの下に冒険心そそる梯子を増設。3角断面の吹抜け内部に設けた段差40㌢の踏み桟をたどると螺旋を描きながら3階に上って行く。既にある丸太梯子と縄梯子、丸太階段各1に第4のルート。


見張り台

見張り台

子供たちが参加して作った樹上の見張り台。梯子はロープを立木にぐるぐる巻きした縄梯子。最上部に足場板を渡してそこからの眺めにご満悦。
地上にあるのは竹で作った隠れ家、これ全体が秘密基地。


跨り丸太

跨り丸太

綱を渡り切ったら次は丸太渡りが待っている。本来立って渡るのがこの子は怖いと跨ってしまった。降りる縦丸太も足掛かりが見えずうろうろする。


連立丸太テーブル

連立丸太テーブル

風倒木5本を立て並べ固く縛り付けただけのテーブル。上面が揃ってないのが返って子供が喜ぶ。溝腐れ病で使い物にならないスギ丸太の有効利用。


連立丸太階段

連立丸太階段

ツリーデッキ2階に上る面白階段。0.4m~2m段差40㎝の丸太5本を連立、互いにナマシ番線で固縛。倒れないように最長の丸太をデッキの支柱に保縛。


隠れ家作り体験場

隠れ家作り体験場

山から素材を集めロープで縛って組立て自分専用の小屋作り。


魚取り場/ペットボトルのドウ

魚取り場/ペットボトルのドウ

2.7ℓのウイスキー瓶2個で1個のドウを作り、内部に重しの鉄管括り付け。接合は全てアルミ線。玉葱袋に入った餌に誘われて底から入った魚を蓋を明けて口から出す。魚取り体験場で貸し出し。


魚取り場/ボサ漁体験場

魚取り場/ボサ漁体験場

笹竹の束を池に沈めた魚礁に集る魚を網やドウで採る漁場を構築。


魚取り場/浅瀬魚取り場

魚取り場/浅瀬魚取り場

遊具が無い遊び場。泥深い危険個所を石で埋め立て湧水が流れる浅瀬に改造。遡上する魚を裸足で追い掛け回す子どもに人気。


魚取り場/魚すくい場

魚取り場/魚すくい場

水槽は古衣装箱、湧水路から竹樋で水を引き入れ中に小魚。付属の小網を使って金魚すくいならぬ自然の魚取り。