ビオトープを「トンボのふる里」と命名し、竹の脚を付け水底に突き立て。