横倒しの木を切るとチェーンソーが挟まれ身動きとれなくなる。そこで下から切込むと土を切るし無理な姿勢で筋力が要る、また切り口に段ができるのもイヤ。 そこで脚立とレバーブロックを使い浮かして切るという非力人の独自法。重心をうまく見極めれば1回に3本くらい切れ効率的で一気に切りできる。切り口が平らな原木は地面に自立するし雑菌対策にもなり何かと良い。プロが見たらバカにしそうだがこっちは真剣にこれが良い。 脚立を設置する前に邪魔な枝を切っておくこと。天板に直接ワイヤーを巻くとアルミが変形するので木材を咬ませたりベルトを使う。また急傾斜地では無理。完全に浮かしてしまうと切る時ブラブラするので適当に。