エンジンと電動(手前)を両用。電気チェーンソーはコンセントに刺せばスイッチONで動く手軽さと、軽量静か少振動が好き。丸ノコで切れない太物、鋸ではシンドイ物、電気のある所では必ずこれ。 短所はチェーン速度が8㎝/s(一定)と遅いこと。そのためガタつき撥ね上がるので必ずスパイク(刀の鍔に相当)を相手に当てながら切る、このコツを知って使いこなせるようになった。それができない細かな工作には向かない。 チェーン低速の理由は何かなと考えたら、100V器具では電流値が上限15Aなので高出力高回転のモーターが使えずこれが電動の限界か?やはりエンジンにはかなわない。 またチェンソーオイルは高粘度(黒)低粘度(白)2種類売っているが電動には白を使えとの標示があり、これも低速のため油の吸い出しが低いためと思う。 コードの誤切断には充分要注意だが、コードをかばおうとして無理な体勢になるのはもっと危、コードの方をうまくさばいて安全第一。