« 21開花!山一番を守り切る | トップページ | 23ノウゼンカズラ隠れた本性 »

2006年7月13日 (木)

22オカトラノオ蛇銀座

Photo_8__4 ヤマユリが咲くその下が白房で賑わっている。
ユリを見に来た人にこれを見せるが、なぜか反応が弱い。
ヤマユリに見つめられたら虎のしっぽは影が薄い。

この一帯は杉の伐採跡で程好い日当たりがある。
まずそこにヤマユリが定着、追ってトラノオ、アザミ、シラヤマギクが群生するようになった。
これらはヤマユリからすれば下草であり害虫の温床になる。
だがこの中にもユリの幼苗が育っているからみだりに草刈はできない。
それで見物人はこの草むらを嫌がっていたのかも知れない。
ここへ来る山道は以前「へびぎんざ」と呼ばれていたことがある。
今はきれいに刈り払われ、蛇もめっきり減ったが地名は残っている。

|

« 21開花!山一番を守り切る | トップページ | 23ノウゼンカズラ隠れた本性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108013/2571122

この記事へのトラックバック一覧です: 22オカトラノオ蛇銀座:

« 21開花!山一番を守り切る | トップページ | 23ノウゼンカズラ隠れた本性 »